2012-06-13

solosoloたんぼ

今日は稲の株周りの草を取りました。

初めはこつがよくわからなくてなかなか進まなかったけど、
だんだんわかってきました。それは、なからで。でした。

なからはこの辺のおじいさんとかが使う方言で大体って意味です。
ひとつひとつ丁寧に取ってるよりも、なからでどんどん進む方が同じ時間で
沢山の草を取れてることに気がつきました。

農業1年生。相手はとっても大きな自然。無理して自分の気持ちを押し付けるよりも
すいーっとバランスとるようにすり抜けた方がうまくいくかもね。と。勝手に思ったりして。

畑の方はトマトが実を付け始めました。まだ取れても無いのに心の中ではガッツポーズな気分でした。